Dream can do, Reality can do.

想像できることは、必ず実現できる。

安定の本当の意味

煽ります。

安定とは「何も考えない」である。

与えられたもので生き、指示されて動く。それが安定。

何も考えないから楽。

悩むこともなく、苦しむこともないから楽。

 

安定という言葉の怖さには気づいた方がいい。

何も考えないということは「真実が見えない」ということである。

なぜ真実が見えないのかというと、物事のつながりを見ようとしないから。

個々の事象に対して、喜怒哀楽を感じて終わる。

なぜ生じたのか、故に何がこれから生じるかを考えなければ、闇に包まれた真実を見抜くことはできない。

 

この世は上手い言い回してさまざまな事を隠している。

それを掘り出すのは自分しかいない。

早くそれに気づく人は、そこを起点にビジネスをはじめる

すると気づかない人は自然とお金を払ってしまうものだ。

社会に搾取され続けてしまう。

情報が降ってくるのをまってても、何も降ってはこない。

真実を見抜く目を鍛えた方がいい。

 

どうにしろ

「安定」という言葉は良くない。

そもそも借金まみれのこの国に安定している余裕は無い気がする。

広告を非表示にする